退職祝いで記念品を贈るときの注意点

会社を定年退職された方に対して記念品を贈るのはとても良いことです。
長年家族の為、会社の為に懸命に働いてくれた方に対して敬意を表して退職祝いを贈れば、退職された方もとても喜ばれます。
そういった人間関係を大切にすることは、とても重要なことです。
ですから退職祝いとして記念品を贈ることは、素晴らしいことだと言えます。
しかし退職祝いに際しては、注意するべき点もあります。
確かに何かを贈られたら嬉しいことではありますが、中には縁起の悪いものもあります。
例え贈った人に悪気がなかったとしても、それは言い訳になってしまうこともありますので十分に注意する必要があります。
退職祝いに際して贈らない方がよいものとしては、日本茶が挙げられます。
一見日本茶を贈ったら喜ばれると思いがちですが、こういった商品は退職祝いに関しては贈らない方が無難です。
その理由としては、日本茶は葬式に参列してくれた方に対して香典返しとしてよく贈られる品です。
そのためお祝いとしての贈り物としては、あまり適切ではないのです。
しかし洒落た茶筒に入ったお茶であれば弔辞を意味するようなことはないので、もし日本茶を贈りたい場合にはそういった工夫をする必要があります。
例え相手が日本茶が大好きであまりそういったことを気にしないような人であったとしても、基本的な礼儀は守る必要があります。
またハンカチを贈る場合にも注意する必要があります。
ハンカチを漢字にすると手巾と書き「てぎれ」と言う意味になります。
そのため、もう会いたくないという意味になるのです。
贈った方はそういった意図がなくても、贈られた方がそう解釈する場合もあります。
しかしそう捉えない人も多くいるので、ハンカチを贈る場合には相手を見て判断した方が良いです。
退職祝いを贈る際には、このような点に注意する必要があります。

退職祝いで贈り物を選ぶときのポイント

近ごろでは、親の退職祝いをきっかけに両親への日頃の感謝の気持ちを表すために兄弟でお金を出しあってプレゼントを贈る人が急速に増加してきています。両親に喜んでもらうために、相談しながらさまざまな贈り物の中から知恵を絞ってプレゼントを選ぶ人もよく見られます。その結果、夫婦二人きりで思う存分楽しめる旅行が高い人気を集めているのです。
温暖な気候で南国気分を味わえる沖縄や、観光名所が目白押しの過ごしやすい北海道など、日本各地の素敵な場所を訪れることができるプレゼントは、幅広い年代からも圧倒的な支持を集めているのです。また、日本だけにとどまらず、ヨーロッパやハワイ島などの海外旅行を提案する人も増えてきています。
旅行のための飛行機や新幹線などの交通費はもちろん、ホテルや旅館など宿泊先の確保などに至るまで徹底的に万全の準備を整えて、一生懸命両親のためにあらゆる努力や工夫を重ねているのです。
さらに、退職祝いの贈り物を選ぶときのポイントとしては、実用的なものを選ぶと効果的です。日頃から使用できる趣味のゴルフクラブや盆栽、手芸セットなど、実際にすぐに使用できる品物を選ぶことで、心から喜んでもらえます。
このように、退職祝いの贈り物は、受けとる側が本当に嬉しいと感じられるものを厳選して選ぶことによって、お互いに満足のいく結果となります。これまで懸命に働いてきたご褒美としてプレゼントを奮発する子供も多く見られます。